So-net無料ブログ作成
検索選択

定期メンテナンス [雑]

IMG_0468.JPG 

毎年恒例としている、胃カメラ&大腸カメラのダブルヘッダー。
この写真は、腸内を洗浄するための下剤。
1時間かけて約2L を飲まなければならない。
私のかかりつけ医は個人病院で、小さな個室でひとりでこの薬を飲みながらトイレを何往復もし前処置を行なう。
胃カメラは朝食抜いて胃を空にするだけでいいが、大腸カメラの下剤は毎年苦痛だ。




 

会社の健康診断で胃のレントゲンがメニューにあるが、私はいつもそれを受けず、個人で胃カメラを受診している。
大腸内にも元々デキモノみたいなのがあるので、そっちのカメラもセットで。
なぜ胃のレントゲンを受診しないかというと、これまでに何人もの医者から「胃のレントゲンで何か見つかったときはもう遅いからあまり意味がない」と聞かされているので。
胃のレントゲンは初期の癌とかを見つけるのは難しく、そのくせにバリウム飲んだり放射線を長い時間浴びたり、受診者の負担はかなり大きい。
というわけで、私は胃のレントゲンの代わりに自分で病院に行ってカメラを飲んでいる。

最近の胃カメラは、口からではなく鼻から通す内視鏡も増えているらしいし、最近では小さなカプセルに内蔵した超小型カメラを飲み込んで撮影なんてことも始まっているようだ。
しかし、私の友人で医者をしているヤツがいるのだが、そいつに言わせると今後も胃カメラの主流は口から飲み込む従来型のタイプだろうとのこと。

まず、鼻から通すタイプのカメラについて。
これは内視鏡の径が細く、口から飲み込む従来型に比べると受診者の負担も小さいらしい。(私はこれで受診したことないので伝聞)
健康体の人であれば、それで問題なし。受ける側としても負担が少ないのはありがたい。
しかし、もしポリープ等、何か怪しげなものが見つかったら、細い鼻腔を通している内視鏡では、検査のために組織を採取するということができないそうだ。(組織を採取してつかんでも細い鼻から抜くことができない)
そうなった場合、一度カメラを抜いて、組織採取のためにけっきょく口から従来サイズの内視鏡を飲み込む必要がある。
医者にとっても二度手間だし、受診者の負担も一気に大きくなる。
そういう理由で、医者の立場からすると、最初から口からカメラを飲ませたいらしい。

次に超小型カプセルタイプ。
既に採用している病院も日本であるようだが、これもまた難しい部分があるようだ。
このカプセルタイプは、0.5秒毎くらいの間隔で胃の内部を撮影し、腰等にぶら下げた受信機に撮影した画像を送る。
カメラは体内にいる間撮影を続け、便と一緒に排泄されて終了となる。
一回の検査での画像は約60,000枚にもなるそうで、とてもじゃないが一人の患者に対してそれだけの数の画像を医者がすべて確認することは不可能だ。(1枚1秒ずつ流したとしても16時間以上かかる)
いちおう、似たような撮影画像はスキップするようなソフトとかを使って効率的に見ていくらしいが、それでも従来の胃カメラだと15分程度の検査ですむのと比較しても、その時間的負担はかなりのものだ。
それに、静止画で良否を判断というのも相当難しいらしい。
ある瞬間の画像に何か気にある部分が写っていてそこをじっくり見たいと思っても、次の画像では全然別の角度を写してしまったりしていると、もうわからなくなる。
で、これもちょっとでも怪しい部分が見られたら、再度口から胃カメラ、ということになる。
胃カメラであれば、連続的な生の映像で見ることができるので、怪しい部分はじっくり観察できるし、先で突いて柔らかさを見たりすることでの判断もできる。
ほんとにわからなければそのまま組織の一部を検査のために採取することもできる。
時間対効果という点で、まだまだハードルは高いそうだ。
カプセルをリモート操作して見たい部分をリアルタイムで自由に見られるようになったり、膨大な画像から悪い組織を自動判別して示すようになったり、そんなさらなる革新的な飛躍がないと難しそうだ。

ということで、胃カメラの進歩に大きな期待をしている人には水を差すような記事になってしまったが、素人胃カメラ博士の私が知っている今の情報はこんな感じです。

私くらいの年になると、いくら健康そうにしていても何かしら体の内部にはガタが出始めるというもの。
年に一度の点検で、今の健康を維持していきたい。


nice!(18)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 18

コメント 20

HIROMI

大腸の検査は、わたしも経験ありますが辛いですよね。
そのつらさへのストレスで病気になりそうだと常々思います。
by HIROMI (2012-11-04 21:45) 

MILK

こんばんは(^^)

胃カメラも大腸カメラも
やったことありません~(^_^;)

胃カメラ…今後も口からが良いのですね?
私…無理(/_;)

by MILK (2012-11-04 22:04) 

koyuki

定期メンテナンス、私もそろそろやらなきゃと思うのですが、
やっぱりカメラ飲むっていうのは怖いです・・・。
胃カメラは、やっぱり従来型が一番良いのですね。
勉強になりました~。
by koyuki (2012-11-04 22:26) 

YAP

HIROMIさん、MILKさん、koyukiさん、コメント & nice! ありがとうございます。

HIROMIさん、
ああ、たしかに余計なストレスで逆に体調崩しそうですよね。
なんか革命的な検査方法が出てこないですかね?

MILKさん、
病院によっては、検査時に鎮静剤を使用してくれるところもあり、私はいつもお願いしています。
私のように鎮静剤が効きやすいと、ほとんど意識のない中で終わってくれるのでかなり負担は減ります。

koyukiさん、
どのタイプにしても一長一短ですが、そこそこの年齢になってからの検査だと、何も見つからずに無事に終了ということは少ないようですので、それなら最初から口からのカメラが結果的にいいようです。

隊長さん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2012-11-05 07:56) 

ナツパパ

胃カメラが大切とは、わたしも友人の医者から聞きました。
今年は健診でレントゲンだったけれど、来年は決心して胃カメラを...
なんか不安になりますが、やってみようかな。
by ナツパパ (2012-11-05 09:11) 

フェイリン

大腸カメラは想像しただけで…ああ、怖いです。
でも健康の為なので我慢でしょうか!?
カメラ系はまだお世話になった事がないのですが、
医者によって上手い下手がかなりありそうですね。
by フェイリン (2012-11-05 19:36) 

kuwachan

こんばんは。
2年前にバリウムを飲んだ時に、上下両方の苦痛を味わったので
昨年は鼻からの内視鏡にしました。
というのも私が受けている病院は鼻からのしかなかったのです。
全然問題なく受けることができましたし、その様子もずっと見られました。
問題があるとすればお値段がちょっとお高いということですね(笑)
ただ、終わった後仕事だったのですが、凄い眠気に襲われました(笑)
もう2度とバリウムはしたくないです。
by kuwachan (2012-11-05 21:09) 

hideyuki2007y

私も胃カメラを毎年やってもらっています。同じ理由で経口タイプを。あれは気持ち悪いのですが、自分で胃の中を確かめられるのが安心です。腸内カメラは10年位前に一度お医者さんに進められて検査しました。確かにあちらの方が準備が大変でした(笑)。
by hideyuki2007y (2012-11-06 01:41) 

めぎ

そこまでしっかりした健康診断を義務づけている日本の会社って、素晴らしいですねえ。
こちらは健康に関しては全く持って個人任せ、自己責任なのですもの。
by めぎ (2012-11-06 05:33) 

リュカ

大腸検査、そろそろやらなくちゃいけない年齢なのですが
抵抗があってできません^^;
うちの旦那は何度もやっているのですが、いまだ私は踏み切れず(-_-;)
「やれーーやれーーー」といわれてます。
by リュカ (2012-11-06 09:43) 

YAP

ナツパパさん、フェイリンさん、kuwachanさん、hideyuki2007yさん、めぎさん、リュカさん、コメント & nice! ありがとうございます。

ナツパパさん、
最初の一歩はかなり勇気がいると思います。
私も初めてのときはかなり憂鬱でした。

フェイリンさん、
医者によってテクの差はかなりあるようですね。
私のかかりつけの先生は...鎮静剤を使用していもらっているのでよくわからないうちに毎回終わっているのですが、日常的に検査をしている先生なので腕は確かだと信じています。

kuwachanさん、
鼻からの内視鏡しかないという病院もあるんですね。
何か怪しいところが見つかったら他の病院を紹介してもらうのでしょうか?
それ自体は口からのものに比べると楽なんでしょうね。

hideyuki2007yさん、
大腸カメラは準備が大変ですよね。
検査そのものよりも、前処理が苦痛です。

めぎさん、
会社でやっている健診自体は大したことないですよ。
大したことないので、こうして自費で検査を受けるようにしています。
考えようによっては、すべて自己責任のドイツのほうが合理的かもしれません。

リュカさん、
初めてだと抵抗があるのはよくわかります。
特に女性は嫌でしょうね。
たぶん、何か調子が悪くなったときがきっかけになるんじゃないでしょうか?
私もうちのかみさんもそうでしたから。

knackeさん、Lionbassさん、shin.sionさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2012-11-06 17:00) 

YAP

heitanソウソウさん、ユミさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2012-11-07 07:39) 

タントみどり

健診お疲れ様です。
薬を飲んだり胃カメラを飲んだり・・・大変ですね。
カプセルカメラ、苦痛が少なそうで、良さそうだけど
まだまだ解決すべき問題はあるのですね。
私としては、検査がとことん楽になって、なるべく苦しいことを
避けられたら、それが一番なんですが・・・。

by タントみどり (2012-11-07 20:52) 

YAP

タントみどりさん、コメントありがとうございます。
受診者側からすれば、検査が楽になる方向に行ってほしいですね。
最大の目的は健康管理ですので、もちろんその精度を保てないと意味ないのですが。
by YAP (2012-11-08 07:42) 

miffy

ご心配をおかけしました。
ほぼ風邪も良くなりました。
年齢と共に身体のメンテナンスはきちんとしてないとダメですね。
by miffy (2012-11-08 14:14) 

YAP

miffyさん、コメント & nice! ありがとうございます。
体調が快復されたようで、何よりです。
今度は私が風邪気味です...
幸いにも、たいしたことはなく復活していきそうですが。

by YAP (2012-11-09 07:43) 

luckystream

私もカメラ系は未経験なのですが、周りの方の意見を
聞いてもなかなか辛そうです。
1時間で2リットルですか。それも大変そうですね。
ほんと、カメラより前段階での試練が辛そう。
by luckystream (2012-11-09 08:30) 

YAP

luckystreamさん、コメント & nice! ありがとうございます。
つらいですが、年齢とともに通らなければならない道であり...
大腸カメラはほんとに疲れます。

テリーさん、nice! ありがとうございます。
by YAP (2012-11-09 18:49) 

あおい

鼻から胃カメラにはそういうデメリットがあるんですね。
ここ2度ほどは鼻なので、次回から口からの方法に戻すことも考えなくては。
その前にしばらくやっていない大腸検査!
あの下剤の味も苦痛です・・。
by あおい (2012-11-19 17:32) 

YAP

あおいさん、コメントありがとうございます。
大腸カメラの下剤は飲みづらいですよね。
いくらかマシなのもありますが、それでもやはり苦痛です。
by YAP (2012-11-20 08:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

JAL 日本航空 特便割引

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。